ねこのすな


 

ダイサギ/Great Egret
[Ardea alba] 大鷺

白く美しいサギで、首がすごく長く感じます。
留鳥であるチュウダイサギと冬鳥の(オオ)ダイサギという2つの亜種が見られます。

 


沈む夕日の逆光で水面がキラキラ。こんな時は「金曜ロードショー」っぽいイメージの狙い目です。
 (Ai ED Nikkor600mmF5.6S<New>/D300) [2013年4月撮影:大阪府]

 


長い足と頸を使って、水深の深い場所でも採餌が可能
 (Ai ED Nikkor600mmF5.6S<New>/D300) [2009年12月中旬撮影:大阪府]

 

葦原の際で獲物を探す婚姻色のダイサギ
浅瀬でボラの稚魚を狙っていた婚姻色のダイサギ。通常時とだいぶ印象が違って見えます
 (Ai ED Nikkor600mmF5.6S<New>/D300/トリミングあり) [2016年5月上旬撮影:大阪府]

 
冬羽では嘴が黄色で足が黒い。近すぎて全身が入りませんでした (TSN-664/TSE-14W/MZ3/手持ち撮影)

 


夏が近づき、嘴が黒く、目先が青く変化した個体。恋の季節が始まる (TSN-664/TSE-14W/MZ3/手持ち撮影)

 


縦位置で撮ってたら飛び立ったので、そのまま撮影。ギリギリ入りました (Ai ED Nikkor600mmF5.6S<New>/D300/手持ち撮影)

 


もっとも婚姻色の出た状態。足まで色づき光彩も赤みのある色になります (TSN-664/TSE-14W/MZ3/手持ち撮影)

 


チヌ(クロダイ)を捕らえました。贅沢な朝食だナ (TSN-664/TSE-14W/W5)

 


『考える人』のポーズ。(TSN-664/TSE-14W/E4300)

 


TOPへ ねこのすな ひとつまえにもどる